プロフィール

橋本 純次専任講師
Junji HASHIMOTO

人口減少社会において、地域メディアの持続可能性を担保するにはどのような施策が必要なのでしょうか。インターネットとマスメディアが重層化する時代に、オーディエンスはどのようなコミュニケーションを求めているのでしょうか。度重なる災害のなかで、マスメディアと市民の関係性はどうあるべきで、どのように変容していくのでしょうか。
複雑化した現代社会においてメディアがどのような役割を担い、どのような機能を持ち、人々に対してどのように作用しているかという問題に取り組み、メディアを通じた理想的なコミュニケーションをデザインするためには、学際的/複眼的な「メディア論」の視点と方法に基づく不断の省察が必要不可欠です。
時代を捉えたコミュニケーション戦略を構想するため、メディアの未来をともに想像しましょう。

Profile

専門分野・研究領域

メディア論(地域メディア:民放地方テレビ局・オーディエンス研究)

メディア制度(放送政策:放送の地域性)

リスク・コミュニケーション(災害報道)

公共コミュニケーション


経歴

2013年:東北大学 法学部 卒業(学士(法学))

2015年:東北大学 公共政策大学院 修了(公共法政策修士(専門職))
2015年:東北大学 大学院情報科学研究科 リサーチ・アシスタント(2018年度まで)
2018年:Goldsmiths, University of London 修了(MA in Media and Communications)
2019年:東北大学 大学院情報科学研究科 人間社会情報科学専攻 修了(博士(学術))
2019年:社会情報大学院大学 広報・情報研究科(現 社会構想大学院大学 コミュニケーションデザイン研究科) 助教
2020年:同専任講師(現在に至る)

2021年:同実務教育研究科 兼担講師(現在に至る)

2022年:社会構想大学院大学 コミュニケーションデザイン研究科 コミュニケーションデザイン専攻 専攻長(現在に至る)


所属学協会

情報通信学会

社会情報学会

日本メディア学会(旧 日本マス・コミュニケーション学会)

日本実務教育学会

日本リスク学会


委員等

(2021-現在)Society 5.0の実現に向けた広報担当者養成事業 事業実施委員会(文部科学省委託事業) 委員長・事業責任者 

(2021-現在)社会情報大学院大学 広報・情報研究科(現 社会構想大学院大学 コミュニケーションデザイン研究科) 教育課程連携協議会委員

(2021-現在)日本実務教育学会 広報委員会委員長


受賞歴

公益財団法人電気通信普及財団 第35回電気通信普及財団賞 佳作
情報通信学会 第17回論文賞 優秀賞
情報通信学会 第2回アーリーバード発表賞


研究助成等

テレビ局による災害リスク・コミュニケーションのあり方:ポリメディアの視点から 


 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究 2021年4月 - 2025年3月

 橋本 純次


災害報道における「専門知」と「不確実性」に関する研究 


 放送文化基金 2021年4月 - 2022年3月

 坂田 邦子 橋本 純次 三浦 伸也 大内 斎之


民放地方テレビ局による「住民アイデンティティ」の後天的形成 


 東北大学 大学院情報科学研究科 学生プロジェクト 2017年6月 - 2018年3月

 橋本 純次


放送の「地域性」研究プロジェクト:放送政策とメディア論の架橋 


 東北大学 大学院情報科学研究科 学生プロジェクト 2015年7月 - 2016年6月

 橋本 純次


担当経験のある授業

社会構想大学院大学 コミュニケーションデザイン研究科/実務教育研究科


【専門職学位課程】

(2021-現在)情報リテラシー

(2021-現在)現代社会論

(2020-現在)オーディエンス・リサーチ

(2020-現在)情報・文化・コミュニケーション

(2020-現在)社会情報演習

(2019-現在)マスメディア論

(2019-現在)社会情報実践Ⅰ・Ⅱ


(2019-2021)社会情報の基礎と実践

(2019-2020)社会情報基礎演習

(2019)公共政策


【履修証明プログラム】

(2021-現在)ゼロから学ぶ広報・PR実務/プログラムディレクター


社会構想大学院大学 先端教育研究所


【実務家教員養成課程】

(2019-現在)模擬授業

(2019-現在)論文執筆の基礎/論文執筆演習

(2019-現在)教員調書と実績/教員調書と実績演習


【次世代高等教育研究センター】

(2021)実務家教員の研究テーマ

(2021)先行研究調査と調査方法

(2021)学会発表の方法

(2021)論文のまとめ方


非常勤講師


(2016-2018)医療従事者の守秘義務:藤リハビリテーション学院/帝京科学大学


その他


(2019)内閣府「地方創生カレッジ」(Society 5.0の実現に向けた教育と最新事例)

(2019)内閣府「地方創生カレッジ」(効果的なプロモーションのためのソーシャルメディア活用基礎講座)

研究室ホームページ構築&運用サービス 年額39,8000円+税 お試し無料